由比本陣公園、静岡市東海道広重美術館は本年9月で20周年を迎えます。
この節目の年を記念し、当館所蔵品を代表する『木曾海道六拾九次之内(きそかいどうろくじゅうきゅうつぎのうち)』、『東海道五拾三次之内(とうかいどうごじゅうさんつぎのうち)』(保永堂版東海道)と共に、田邊哲人(たなべてつひと)コレクションより眞葛焼(まくずやき)の数々を一挙公開いたします。海外の芸術家や収集家に愛された浮世絵版画と、輸出品として海を渡り「幻のやきもの」として近年注目を浴びる眞葛焼。
世界が絶賛した名品の競演に、ぜひご期待ください。

由比本陣公園20周年特別企画 館蔵品・田邊哲人コレクション展 江戸と明治の天才 広重×香山 -世界が絶賛した浮世絵と幻のやきもの-

会期 2014年9月13日(土)- 11月16日(日)

Part 1 :9月13日(土) - 10月13日(月・祝)

Part 2 :10月15日(水) - 11月16日(日)

主催:
静岡市、静岡市東海道広重美術館(指定管理者:NPO法人ヘキサプロジェクト)
協力:
神奈川県立歴史博物館、公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団
後援:
静岡新聞社・静岡放送、静岡朝日テレビ、だいいちテレビ、テレビ静岡

プレスリリース (PDF)

Get ADOBE READER

ご挨拶 由比本陣公園20周年に寄せて

静岡市長 田辺信宏

平成26年9月をもちまして、東海道広重美術館は開館20周年を迎えました。
この間、地域の皆様と、浮世絵を愛する多くの方々に支えられながら、様々な文化・芸術を発信して参りました。
当館と共に歩んでこられた皆様に、この場をお借りし、厚く御礼申し上げますとともに、これからも静岡市の文化・芸術の担い手として、更なる発展を目指し、末永くお力添えを賜りますよう、お願い申しあげます。

静岡市長 田辺信宏

田邊哲人

「けだし見るものその値を問わず購入せしめんとす…。」
当時の報道にそのようにあった。明治初期、開港に沸く日本。長い鎖国からときはなされ世界の文明の中で「ジャポニズム」という崇敬の念をもって評価された「眞葛香山」。しかし当時マクズの作品は日本に無く海外の博覧会から世界に散っていった。約1500点、これを海外より日本に引き戻すのに大変な労力と40年の歳月を費やしてしまった。
今、ここに由比の広重美術館と元町長望月俊明市議のお力添えで、その一部を皆様には御覧いただける事となり有難く御礼を申し上げます。

田邊哲人

■プロフィール

田邊哲人(たなべてつひと)(1942~)
静岡市清水区由比出身の近代陶磁の研究家・収集家。スポーツチャンバラの創始者として、長年にわたるスポーツ振興の功績を称えられ、平成26年春の褒賞にて藍綬褒章(らんじゅほうしょう)を受章しました。

展示内容

Part 1 : 9月13日(土)-10月13日(月・祝)

歌川広重 渓斎英泉 『木曾海道六拾九次之内』 全71点

木曾海道六拾九次之内

『木曾海道六拾九次之内』は、中山道の風景を渓斎英泉と歌川広重が描いたシリーズです。東海道と並ぶ二大街道のひとつ「中山道」は、木曽路を抜けるため別称「木曽街道」と呼ばれていました。明るい色合いの『東海道五拾三次之内』と対照的に、月の景色など落ち着いた作品が多いのが特徴です。

歌川広重『木曽海道六拾九次之内 洗馬』

歌川広重
『木曽海道六拾九次之内 洗馬』

歌川広重『木曽海道六拾九次之内 中津川』

歌川広重
『木曽海道六拾九次之内 中津川』

渓斎英泉『木曾街道 塩尻嶺 諏訪ノ湖水眺望』

渓斎英泉
『木曾街道 塩尻嶺 諏訪ノ湖水眺望』

Part 2 : 10月15日(水)-11月16日(日)

歌川広重 『東海道五拾三次之内』(保永堂版東海道)全55点

東海道五拾三次之内

『東海道五拾三次之内』(保永堂版東海道)は、「名所絵師・広重」の名を一躍広めた大出世作です。広重三十七歳の頃に制作されたこのシリーズは、四季や気象の変化を巧みに織り込んだ街道や宿場の風景描写が評判を呼び、人気を博しました。東海道にある五十三の宿場に、出発地点である日本橋と到着地である京都を加えた全55作品の揃物です。

歌川広重『東海道五拾三次之内 原 朝之冨士』

歌川広重
『東海道五拾三次之内 原 朝之冨士』

歌川広重『東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪』

歌川広重
『東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪』

歌川広重『東海道五拾三次之内 由井 薩埵嶺』

歌川広重
『東海道五拾三次之内 由井 薩埵嶺』

Part1/Part 2共通

初代宮川香山 眞葛焼(田邊哲人コレクション)16点

初代宮川香山と眞葛焼

眞葛焼は、開港後まもない横浜で、京都の陶工・初代宮川香山(みやがわこうざん)(1842~1916)によって始められたやきものです。香山は後に帝室技芸員(ていしつぎげいいん)となり、明治期の陶芸界を牽引します。江戸時代から続く陶磁技術を背景に、西洋文化を吸収して新たな美を生みだした眞葛焼は、万国博覧会で世界的な人気を博しました。その後眞葛焼は、二代~四代と引き継がれますが、横浜大空襲の被害を受けて途絶えてしまったことから「幻のやきもの」といわれます。
本展覧会では、田邊哲人氏のコレクションから、華麗な装飾が見どころの高浮彫(たかうきぼり)作品を中心に、16点を展示いたします。

初代宮川香山『高取釉渡蟹水盤』 田邊哲人コレクション(神奈川県立歴史博物館保管)

初代宮川香山
『高取釉渡蟹水盤』
田邊哲人コレクション
(神奈川県立歴史博物館保管)

初代宮川香山『高浮彫牡丹に眠猫覚醒蓋付水指』 田邊哲人コレクション(神奈川県立歴史博物館保管)

初代宮川香山
『高浮彫牡丹に眠猫覚醒蓋付水指』
田邊哲人コレクション
(神奈川県立歴史博物館保管)

初代宮川香山『高浮彫群鳩飛来花瓶』 田邊哲人コレクション(神奈川県立歴史博物館保管)

初代宮川香山
『高浮彫群鳩飛来花瓶』
田邊哲人コレクション
(神奈川県立歴史博物館保管)

関連企画

関連企画_1 20周年記念講演『横浜開港と眞葛焼』

講師
田邊哲人
日時
9月13日(土)11:00~12:30 
(定員に達したためキャンセル待ちで承っております。)
10月11日(土)13:30~15:00
参加費
無料 ※入館料別途
定員
各日35名(要事前申し込み)
お申し込み
お電話またはお申込みフォームよりお申込みください。
(先着順 ※定員になり次第受付を終了します)
お申し込みフォーム お電話はこちら 054-375-4454

関連企画_2 浮世絵セミナー『江戸時代の旅』

講師
岩崎均史(練馬区立石神井公園ふるさと文化館 館長)
日時
10月25日(土)13:30~15:00
参加費
無料 ※入館料別途
定員
35名(要事前申し込み)
お申し込み
お電話またはお申込みフォームよりお申込みください。
(先着順 ※定員になり次第受付を終了します)
お申し込みフォーム お電話はこちら 054-375-4454

関連企画_3 浮世絵実演&摺り体験

浮世絵版画の実演&摺り体験ワークショップ

版元として、江戸時代の技法を今に継承する公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団による、浮世絵版画制作の実演と体験ワークショップ。お子さまから大人までご参加いただけます。

講師
公益財団法人 アダチ伝統木版画技術保存財団
日時
10月19日(日)午前の部11:00~12:30/午後の部14:00~15:30
参加費
無料 ※入館料別途
定員
各部15名(要事前申し込み)
お申し込み
お電話またはお申込みフォームよりお申込みください。
(先着順 ※定員になり次第受付を終了します)
お申し込みフォーム お電話はこちら 054-375-4454

関連企画_4 当館学芸員によるギャラリートーク

日時
Part1 『木曾海道六拾九次之内』
     9月21日(日)13:00~13:30
Part2 『東海道五拾三次之内』(保永堂版東海道)
     10月26日(日)13:00~13:30
日時
10月25日(土)13:30~15:00
参加費
無料 ※入館料別途
お申し込み
不要・定員制限無
当日当館エントランスホールにお集まり下さい。

由比本陣公園20周年記念イベント

由比本陣公園20周年記念イベント9月13日(土)は由比本陣公園内各会場にて、20周年記念イベントを開催します。詳細はこちらをご覧ください。

※ 掲載の展示内容及び出展作品は都合により変更となる場合がございます。

静岡市東海道広重美術館について

静岡市東海道広重美術館 外観写真

静岡市東海道広重美術館

静岡市東海道広重美術館は、東海道16番目の宿場・由比宿の本陣跡地に建ち、江戸時代の浮世絵師、歌川広重の名を日本で最初に冠した美術館です。
広重の代表作『東海道五拾三次之内』(保永堂版東海道)をはじめ、『木曾海道六拾九次之内』、『名所江戸百景』など、風景版画の揃物の名品を中心に約1400点を収蔵しています。
浮世絵と現代作品をつなぐ企画展を開催するなど、「新たな浮世絵文化」の発信に力を入れています。江戸時代から現代まで、世界中で愛される浮世絵版画のすばらしさをお楽しみください。

歌川広重について

歌川広重

歌川広重(1797 - 1858) 浮世絵師

15歳頃に歌川豊広に入門。後に豊広の「広」と本名の一字から画号を広重とし、37歳頃に保永堂から刊行された『東海道五拾三次之内』が大好評となります。その後も東海道や江戸の風景を描いた浮世絵版画を次々と制作し、名所絵師として名を馳せました。
晩年の集大成ともいえる『名所江戸百景』を制作中、病に倒れ62歳の生涯を閉じました。広重の大胆な構図や抒情性豊かな作風は万人に愛され、国内外の作家に影響を与え続けています。

施設情報/アクセス

静岡市東海道広重美術館 外観写真

施設情報

開館時間
午前9時-午後5時(入館は午後4時30分まで)
※9月13日(土)は午前10時30分開館
入館料
一般510円(410円)
大学生・高校生300円(240円)
中学生・小学生120円(100円)
静岡市在住の中学生以下及び静岡市在住の70才以上の方は無料
※( )は20名以上の団体料金
※身体障害手帳等をご持参の方及び介助者は無料
休館日
毎週月曜日(祝日の場合は、翌平日)
※9月12日(金)は展示入替のため臨時休館

お問い合わせ

〒421-3103 静岡県静岡市清水区由比297-1

Tel:
054-375-4454(代)
Fax:
054-375-5321
Email:
info@tokaido-hiroshige.jp
URL:
http://tokaido-hiroshige.jp
facebook:
www.facebook.com/tokaido.hiroshige

アクセス

JR東海道新幹線、東海道本線(在来線)をご利用の方

□ 電車をご利用の方
「由比駅」下車、旧東海道を東へ直進、徒歩25分。またはタクシー5分。
□ 新幹線(大阪、名古屋方面)をご利用の方
新幹線静岡駅下車、東海道本線乗り換え(約20分)、「由比駅」下車。
□ 新幹線(東京、横浜方面)をご利用の方
新幹線三島駅下車、東海道本線乗り換え(約40分)、「由比駅」下車。
または、新幹線静岡駅下車、東海道本線乗り換え(約20分)、「由比駅」下車。

お車をご利用の方

無料駐車場 21台有

※美術館横に車椅子使用者用駐車場2台有
※無料駐車場は、旧東海道沿い、本陣公園入口から静岡方面に約150mの位置(清水銀行そば)にございます。

□ 大阪、名古屋方面からのお越しの方
  1. 東名高速道路【清水I.C.】で降り、国道1号(静清バイパス)を沼津・富士方面へ。
  2. 約10km進み、寺尾交差点を左折。
  3. 約500m先、歩道橋手前の二又を右折し、旧東海道(県道370号)を約2㎞進むと、左に由比本陣。
□ 東京、横浜方面からのお越しの方
  1. 東名高速道路【富士I.C.】で降り、県道353号から富士見大通りへ。
  2. 約3km進み、国道1号(富士由比バイパス)を静岡・清水方面へ。
  3. 約9km進み、 蒲原神沢付近(道路標識「由比市街」)で降り右折。踏切を渡り、信号を左折。
  4. 約100m先、二又を左折し、旧東海道(県道370号)を約750m進むと、右に由比本陣。

Page Top

静岡市東海道広重美術館