現在開催中の展覧会

同時開催:しずおか二峠六宿
広重没後160年記念 めいしょ広重

会期:2018年8月14日(火)- 11月25日(日)

Part 1:8月14日(火)-9月17日(月)

Part 2:9月19日(水)-10月21日(日)

Part 3:10月23日(火)-11月25日(日)

多くの名所を描いた浮世絵師、歌川広重。広重没後160年を記念する本展では、広重が数多く残した名所絵の中から、「富士」「東海道」「江戸」を描いた作品を会期ごとにご紹介します。江戸の人々が親しんだ広重の「めいしょ」を、存分にお楽しみください。

□主催:
静岡市東海道広重美術館
(指定管理者:特定非営利活動法人ヘキサプロジェクト)

□協力:
公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団

広重没後160年記念 めいしょ広重

Part1「富士」

富士山を描いた浮世絵というと葛飾北斎の『富嶽三十六景』が有名ですが、広重も様々なシリーズで富士山を多く描いてきました。
Part1では広重が富士山をメインに据えたシリーズ、『不二三十六景』『冨士三十六景』をご紹介します。

歌川広重『冨士三十六景 駿河薩タ之海上』当館蔵

歌川広重『冨士三十六景 駿河薩タ之海上』当館蔵

歌川広重『不二三十六景 東都両國橋下』当館蔵

歌川広重『不二三十六景 東都両國橋下』当館蔵

Part2「東海道」

広重の出世作保永堂版の『東海道五拾三次之内』。Part2ではその全55点を一挙公開いたします。
江戸日本橋から京三条大橋まで東海道の旅を辿りながら、旅情あふれる広重の代表的な作品をお楽しみください。

歌川広重『東海道五拾三次之内 日本橋 朝之景』当館蔵

歌川広重『東海道五拾三次之内 日本橋 朝之景』当館蔵

歌川広重『東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪』当館蔵

歌川広重『東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪』当館蔵

Part3「江戸」

広重が最も多く描いた風景は、生まれ育った江戸であったといわれています。
晩年の傑作『名所江戸百景』の他、広重初の本格的な名所絵のシリーズである『東都名所』など、さまざまな江戸の名所絵をご紹介します。

歌川広重『名所江戸百景 亀戸梅屋舗』当館蔵

歌川広重『名所江戸百景 亀戸梅屋舗』当館蔵

歌川広重『東都名所 芝愛宕山之圖』当館蔵

歌川広重『東都名所 芝愛宕山之圖』当館蔵

同時開催:しずおか二峠六宿

静岡市内を通る東海道上の二つの峠(薩埵峠・宇津ノ谷峠)と、六つの宿場(蒲原・由比・興津・江尻・府中・丸子)を総称した「二峠六宿」をご紹介。浮世絵に描かれた江戸時代の二峠六宿を通して、静岡の魅力を再発見していきます。

Part1展示作品

歌川広重『東海道 十八 五十三次 奥津 清見かせき 清見寺』当館蔵

歌川広重『東海道 十八 五十三次 奥津 清見かせき 清見寺』当館蔵

Part2展示作品

歌川広重『五十三次名所圖會 廿一 鞠子 駅中名物とろヽ汁をひさく』当館蔵

歌川広重『五十三次名所圖會 廿一 鞠子 駅中名物とろヽ汁をひさく』当館蔵

Part3展示作品

歌川広重『東海道五十三次之内 府中 あへ川遠景』当館蔵

歌川広重『東海道五十三次之内 府中 あへ川遠景』当館蔵

※ 掲載の展示内容及び出展作品は都合により変更となる場合がございます。

このページのトップへ