現在開催中の展覧会

江戸のおもちゃ絵

会期:2016年7月12日(火)-9月11日(日)

Part 1:7月12日(火)-8月14日(日)

Part 2:8月16日(火)-9月11日(日)

浮世絵版画には鑑賞するだけではなく、「おもちゃ絵」と呼ばれる実際に遊び道具として楽しまれた浮世絵(木版紙製玩具)もつくられました。その種類は、双六、もの尽くし絵、着せ替え絵、組上絵、判じ絵など多岐にわたり、子どもから大人まで幅広い層に楽しまれ、子どもにとっては、遊びながら学べる教材の役割も果たしました。
本展では、切ったり、組み合わせたり、考えたりすることを楽しんだ遊べる浮世絵「おもちゃ絵」と、おもわず笑いがこぼれるような、風景画と大きく趣の異なる歌川広重のユーモアあふれる戯画や戯画風に描かれた東海道の浮世絵を展示し、江戸の遊びの世界をご案内します。

□主催:
静岡市東海道広重美術館
(指定管理者:特定非営利活動法人ヘキサプロジェクト)

江戸のおもちゃ絵

Part 1 展示作品

歌川重宣『新板鳥さし双六』個人蔵

歌川国芳
『准源氏教訓図会 絵合』
個人蔵

歌川国芳『准源氏教訓図会 絵合』個人蔵

歌川広重
『東海道五十三次細見図会
小田原箱根へ四里八丁 川ごし前後とあらそふ』
当館蔵

歌川広重『東海道五十三次細見図会 小田原箱根へ四里八丁 川ごし前後とあらそふ』当館蔵

歌川重宣
『新板鳥さし双六』
個人蔵

Part 2 展示作品

歌川豊久『新板糸細工』個人蔵

歌川豊久
『新板糸細工』
個人蔵

絵師未詳『(かつらつけ)』個人蔵

歌川広重
『童戯武者尽(桃太郎)』
当館蔵

歌川広重『童戯武者尽(桃太郎)』当館蔵

絵師未詳
『(かつらつけ)』
個人蔵

※ 掲載の展示内容及び出展作品は都合により変更となる場合がございます。

このページのトップへ