2013.11.02

第4回企画展「東京ストーリー/アフター広重」開催のご案内

企画展

東京ストーリー/アフター広重

Part 1:11月19日(火) ~ 12月23日(月/祝)
Part 2:12月25日(水) ~ 2014年2月2日(日)
※年末年始休館日:12月28日(土)~ 2014年1月4日(土)

「東京ストーリー/アフター広重」では、広重晩年の傑作『名所江戸百景』と、エミリー・オールチャーチの広重へのオマージュ作品をご紹介します。オールチャーチは『名所江戸百景』のシーンとなった場所を実際に訪れ、その背景をモチーフとして現代の風景画を作り上げています。広重の『名所江戸百景』が、日本の歴史における決定的瞬間を記してきたように、オールチャーチの東京ストーリーは、現代の都市の本質を象徴しているのかもしれません。

歌川広重の『名所江戸百景』は、シリーズ全120点のうち、展示周期の関係で展示不可の3点を除く、117点を目録順に二分し、Part.1 58点(目録含む)/ Part.2 59点を展示いたします。

エミリー・オールチャーチ
東京ストーリーシリーズ全10点に加え、2013年4月、彼女が静岡市に滞在し、広重の東海道五拾三次之内をテーマに制作した新作『Tokaido Road - Yui,Mariko』も発表します。

エミリー・オールチャーチ (Emily Allchurch)
エミリー・オールチャーチは巨匠達の絵画やプリントを、ベースにした複合写真のイメージを造る作家です。多数の写真により構成される各イメージは、デジタルを通して合成され、現代を表す景色の中に再現させています。2012年に行われたイギリスのエリザベス女王即位60周年記念の祝賀行事「ダイヤモンド・ジュビリー」では、政府からの受注制作を行いました。またテイトモダンなどのワークショップ講師として教育普及に携わるなど、国内外で活躍する期待のイギリス若手作家です。

詳細はhttp://tokaido-hiroshige.jp/schedule/2013/tokyo_story.htmlをご覧ください。

このページのトップへ