• これも五十三次 ~広重が描いた三つの東海道~
  • イベント・ワークショップ
  • 版画摺り体験

現在開催中の展覧会

これも五十三次 ~広重が描いた三つの東海道~
同時開催:駿河めいしょ ~しずおかを浮世絵でめぐる~

会期:2020年3月31日(火)-7月5日(日)

「東海道五十三次」といえば歌川広重!これはほとんどの人に共通するイメージでしょう。でも東海道の浮世絵を描いたのは広重だけではないこと、また広重が何種類もの東海道のシリーズ作品を手掛けていることは知らない人も多くいます。本展では当館が所蔵する広重が手がけた東海道シリーズ十種の内、『東海道五拾三次』(通称:狂歌入東海道)、『東海道』(通称:隷書東海道)、『東海道五十三次之内』(通称:行書東海道)の3シリーズを宿場ごと各会期に分け展示。それぞれ判型(サイズ)の異なる画面に広重が様々に描く東海道の風景をお楽しみください。

つづきを読む »

静岡市東海道広重美術館について

平成6年、東海道の宿場町「由比宿」の本陣跡地である、由比本陣公園内に開館した東海道広重美術館は、江戸時代の浮世絵師・歌川広重(1797-1858)の名を冠した、日本で最初の美術館です。

つづきを読む »

このページのトップへ