• 日本の伝統四季ごよみ〜旧暦と二十四節気〜
  • 第14回 ゆい年賀状版画コンクール
  • イベント・ワークショップ
  • 版画摺り体験

現在開催中の展覧会

日本の伝統四季ごよみ〜旧暦と二十四節気〜
同時開催:暦と大小〜変化した月の大小〜

会期:2019年11月26日(火)-2020年2月2日(日)

現在、日本では月日を知る術として明治五年(1872)の改暦以降、太陽暦(新暦)が使用されていますが、それ以前は中国の暦が元となる月の満ち欠けを基準に、1年間の太陽の動きを考慮した太陰太陽暦(旧暦)が使用されていました。本展では江戸時代に使われた太陰太陽暦とともに、浮世絵に描かれた日本の四季折々の姿をご紹介します。

つづきを読む »

静岡市東海道広重美術館について

平成6年、東海道の宿場町「由比宿」の本陣跡地である、由比本陣公園内に開館した東海道広重美術館は、江戸時代の浮世絵師・歌川広重(1797-1858)の名を冠した、日本で最初の美術館です。

つづきを読む »

このページのトップへ