気分は広重!? 浮世絵師になったつもりで多色版画の摺り体験ができます

当館エントランスホールでは浮世絵の多色版画の摺り体験を行っています。
一色ずつ色を塗り重ねていくことで色彩豊かな版画が
出来上がっていく様子を体験できます。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため版画摺り体験は体験者数を制限させていだだいております。
体験にお時間が掛かる場合がございます。何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

現在体験出来る浮世絵

東海道五十三次之内 「府中」
[期間:2022年9月13日(火)~11月13日(日)]
東海道五十三次之内「由井」
[常設]

版画摺り体験の手順

  • ① ローラーでインクをつける

    ローラーにインクを付け、版の凸部分にインクをのせます。ローラーは空回りさせながら全体にインクをつけるようにしてください。

  • ② はみ出たインクをふき取る

    濡れ布巾ではみ出したインクを拭き取ります。版の凹部分の汚れも拭き取ります。

  • ③ 用紙を版に合わせて置く

    カギ見当(L型)と引き付け見当(一文字)の2箇所に合わせて用紙を置きます。左下のカギ見当(L型)に美術館の印を合わせます。

  • ④ バレンで摺る

    バレンをつかって紙を摺ります。紙がずれない様に片手で押さえてください。
    版面を押さえると指の跡がつくので注意!

  • ⑤ 摺り具合の確認

    紙の一部を押さえながら覗き込んで確認しましょう。薄いところがあったら戻して摺り直します。

  • ⑥ 主版の摺り上がり

    もう一度確認して、問題なければめくってみましょう。
    1色目(主版)が摺り上がりました。

  • ⑦ 色版の摺り

    黄色、空色、藍色、朱色と色版を摺る作業を繰り返し、色をつけていきます。

  • ⑧ 完成

    こちらで完成です!
    静岡市東海道広重美術館に来館の際はぜひご体験ください!

完成品

版画摺り体験

開催日
常設
※体験できる版画は時期によって変わります。
会場
エントランスホール
料金
300円(税込)
[1セット用紙2枚]
TOPへ