• 浮世絵で見る江戸のくらし
  • 弥次喜多と行く 東海道五十三次
  • 第16回 ゆい年賀状版画コンクール
  • イベント・ワークショップ
  • 版画摺り体験

現在開催中の展覧会

浮世絵で見る江戸のくらし

会期:2021年7月6日(火)~9月12日(日)

江戸時代の大衆印刷として発達した浮世絵版画には人々のくらしや文化、流行など様々なものが描き込まれ、当時の様子を今日の私たちに伝えてくれます。本展ではそんな江戸時代の人々の働くすがたや、日常生活の様子、娯楽など“くらし”にスポットを当てご紹介します。浮世絵で見る江戸のくらしをぜひお楽しみください。

つづきを読む »

静岡市東海道広重美術館について

平成6年、東海道の宿場町「由比宿」の本陣跡地である、由比本陣公園内に開館した東海道広重美術館は、江戸時代の浮世絵師・歌川広重(1797-1858)の名を冠した、日本で最初の美術館です。

つづきを読む »

このページのトップへ