現在開催中の展覧会

令和4年度 第3回企画展

広重と国貞
~二人の絵師が描いた東海道五十三次~

2022年9月13日(火)~11月13日(日)

Part 1:
9月13日(火)~10月16日(日)日本橋~袋井
Part 2:
10月18日(火)~11月13日(日)見附~京

※各会期で絵画作品は全点展示入替があります。

誰もが知っている歌川広重の『東海道五拾三次之内』(保永堂版)。この保永堂版東海道を背景に使った別の絵師が描いた「東海道五十三次」をご存じでしょうか。本展では歌川広重の『東海道五拾三次之内』と、歌川国貞の『東海道五十三次之内』、またその二人の合作の『雙筆五十三次』の3シリーズをご紹介します。江戸後期の歌川派を代表する二人の絵師が描いた「東海道五十三次」をお楽しみください。

現在開催中の展覧会
主催:
静岡市、静岡市東海道広重美術館
(指定管理者:特定非営利活動法人ヘキサプロジェクト)
協力:
丁子屋

展示作品

Part1 展示作品

歌川広重
『東海道五拾三次之内 日本橋 朝之景』
当館蔵
歌川国貞(三代歌川豊国)
『東海道五十三次之内 江戸日本橋之圖』
丁子屋蔵
歌川広重、三代歌川豊国
『雙筆五十三次 日本橋』
当館蔵

Part2 展示作品

歌川広重
『東海道五拾三次 大尾 京師 三條大橋』
当館蔵
歌川国貞(三代歌川豊国)
『東海道五十三次之内 京 三條大橋』
丁子屋蔵
歌川広重、三代歌川豊国
『雙筆五十三次 京 大尾 三條大橋之圖』
当館蔵

慶長元年(1596)、東海道五十三次の20番目の宿場「丸子宿」にて創業。守り続ける伝統と変わらぬ素朴な味のとろろ汁は400年の時を経て、今に受け継がれています。

Webサイトはこちら

イベント

各種情報

プレスリリースをダウンロード

TOPへ